Kazunori Watanabe

NECグループ会社で20年以上勤務、アジア太平洋地区、北アメリカとヨーロッパでPCと関係、家電、電子ゲームとテレビとビデオなど電子製品の世界販売開発を行う。1985年と2003年の期間に、ドイツで計9年間駐在し、デュッセルドルフにてドイツNEC、ミュンヘンで三菱電子とNECの合弁会社でディレクターを務めた。2003年、招請に応じて香港電子企業MEK控股有限公司で実行董事に就任し、2005年に香港にてIPOを成功させた。2007年、日本にて家電、デジタルTVとPC周辺機器の販売やマーケティングを行う子会社に代表取締役として就任した。